首の寝違え治し方.com » 腰痛ストレッチ

腰痛ストレッチ

腰痛の治療で大切なこととして、急性期や痛みが大きい時にはできるだけ安静にしなければなりません。またこれとは逆に、痛みが無い場合は、リハビリをすることが大切になってきます。

腰痛が起こる原因として、筋肉が弱くなってしまって腰に負担が増加することが挙げられます。とくにヘルニアやすべり症などでは、筋肉がしっかりとしていないことで骨や軟骨への負担が増えることが発症の大きな原因といわれています。

またこの筋肉強化のためのリハビリの基本が、体操療法です。整形外科や整骨院などでも指導されることが多いものですが、ついサボってしまうという方もおおくいらっしゃいます。

しかし、リハビリをしないで治療をして完治したとしても、いつ再発するかわからない状態が続くだけで、実際に復帰してすぐに再発してしまう方もいれば、長い間負担を感じ、ストレスを溜めてしまって他の病気を発症してしまうという例も少なくありません。

腰痛ストレッチの基本として、決して無理をしてはいけません。ストレッチをする前は痛みがなくても、ストレッチ中に痛みが出る可能性は充分にありますが、痛みがあったら即中止させ、症状を見計らって適切な処置が必要です。

特に痛みがひどいのであれば病院に行くことを検討します。また、毎日少しずつ、というのも大切なポイントです。

腰痛にマッチした体操法と言われるものを選択しても、はじめはやり方もおぼつかず、ついつい間違えてしまうこともよくありますので、徐々に行っていき、痛みが無いことを確かめてから体操に入っていかなければなりません。

はじめは簡単なものがお勧めです。例えば臍を覗く体操、いわゆる臍覗き体操なども有効です。仰向けに寝た状態から、両の膝を軽めに立てます。

また手はお腹の上に置いたままで、息を吐きながら臍を覗くようにゆっくりと上半身を起こしていきます。目安としては頭部が20センチ前後上がる程度です。静止は5秒程度、その後はゆっくりとおろします。