首の寝違え治し方.com » 変形性膝関節症と歩行

変形性膝関節症と歩行

変形性膝関節症の治療方法には主に2つがあり、1つは保存療法、つまり患部をそのままの状態にしておいて外部、内部を問わずに刺激や安静などを用いて治療していく方法、そしてもう1つは外科的な手術療法によって患部を切開して器具などを挿入する方法です。

またこれらのうち変形性膝関節症の症状が軽いほうの場合は保存療法を適用し、歩行困難になるなど変形性膝関節症の重度の障害では手術を検討します。

歩行することもできなくなるのは、膝の軟骨がほとんど磨り減ってしまい、動作するたびに強い刺激が起こるからです。またこのような状態で歩行すると普通では考えられないような痛みが襲います。

また歩くことができなくなる前、変形性膝関節症の症状が軽度の状態では、ウォーキングを取り入れてリハビリに勤めていくことが大切になってきます。

歩行は健康のために優れた効果を発揮します。足は、人間にとって第二の心臓と呼ばれ、また生活する上で欠かすことの出来ないのが歩くことです。しかし、変形性膝関節症や腰痛、ヘルニアや外反母趾など、歩くことを阻害してしまう病気は多くあります。

また変形性膝関節症も含むこれらの病気はきちんとした歩き方をしていないことで発症したと診断されるケースも多くあります。

正しい歩き方を取り入れれば、ストレッチや筋力アップにも優れた効果を発揮します。またきちんとした呼吸法を維持するのも大切です。胸を張ってどうどうと、歩幅を大きめに、背筋を伸ばして気持ちよく足を動かす、このことが実践されていないという例は多くあります。

また歩行をサポートする装具なども最近は多く出回っています。ウォーキングシューズでもそれぞれのタイプにあったものを選べば、より簡単に歩くことを楽しみながら実践していくことができます。

変形性膝関節症では足底板を使用してO脚の矯正に励む方が多くいらっしゃいますが、この足底板も歩き方を矯正するための装具です。靴の中敷タイプのものや、そのまま装着して室内を歩き回るためのものなどもあります。