首の寝違え治し方.com » 健康とギランバレー

健康とギランバレー

ギランバレー症候群は、手足の動きが鈍ってくるのが特徴的な病気です。また神経系の病気でも完治させることができるタイプですので、早めの治療が大切です。

主に運動系の神経に障害を起こしてしまい、運動の障害に加えて感覚の障害が起こることもあります。手足の力が自在に入らない、また歩くことができない、胸の可動域が減り、呼吸困難になる場合がある、手足の痺れが起こる、などが主な症状です。

初期の症状は単なる風邪だと思い込んでしまうことも多く、次第に手足の力が不足してきて、風邪では無い種類のものと自覚するようになります。病院での治療では集中治療も必要な場合があります。

この病は男性に発症数が多く、またその年齢層は幅広く、小さい子供がかかる例もありますが、10万人に1人程度の発病確率です。

またはっきりとした原因がつかめていない病気で、なんらかの因子が神経細胞にダメージを与えることはわかっていても、明確な予防法も見つかっていない状態です。

検査では特徴的な症状を診る他に、脳脊髄検査や電気生理学的な検査を主に行います。また検査では健康保険が適用されます。

治療は症状ごとに安静な処置を施しますが、決め手になるような治療法は見つかっていません。また一ヶ月程度で回復し始め、半年もすればほとんどの患者が健康に戻れる病気です。

手足が動作しない場合は動作しないことで関節の定位が心配されます。また呼吸が安定しない場合は人工呼吸器を用いてサポートし、血圧測定や感染症なども検査をしていきます。

この病は難病であり、恐ろしい病気だと誤解されている方がいらっしゃいますが、決してそのようなことはありません。

またテレビなどでそのようなニュースが報じられても、気にしないようにする勇気も大切です。また健康に戻るまでには長い時間がかかりますが、治る病気です。

後遺症が残らないようにケアすれば、完全な社会復帰が可能ですので、希望を捨てないようにすることが大切です。