首の寝違え治し方.com » 接骨院とは

接骨院とは

接骨院と聞くとほねつぎ、あるいは整骨院という名前で認識している方も多いようですが、いずれも同じ治療内容であり、厚生労働大臣によって免許を与えられた方だけが施術をすることができる、いわゆる国家医療の枠組みに入る治療の場のことです。


また柔道整復師、このイメージも強いと思います。日本古来の武術の流れから培ってきた治療の知恵を存分に用いて、主には捻挫や打撲、挫傷や骨折、脱臼などの施術を専門領域とします。

また教育制度ももちろん確立されています。基礎医学をはじめとして専門知識や技術を習得し、法規関係なども学んだ上で国家試験に合格することが必要です。

また上記の症状は整形外科でも治療をしますが、両者はどのように違うのか、、まず治療内容は全く違います。整形外科は西洋医学に基づいた治療をしますので、薬物投与や、手術もできる場所ですが、接骨院では柔術の基本としての活法に基づいて、手技や電気療法などを主に用います。

また接骨院では応急処置をし、大きな病院の整形外科に連携する場面も多くありますし、整形外科での治療をほぼ終えた段階、つまり日常復帰したかしないか、というレベルでリハビリを指導したり、日常生活の様々なポイントを指導する、という地域の医者的な役割も大きいと言えます。

その他には整体やカイロプラクティックなどの存在も気になりますが、この両者はいわゆる民間療法であり、国が認めた国家医療の枠には入りません。

つまりマッサージやエステだと思えばそうとうも言えます。自己の責任において治療を受けなければならない、というのは全く消極的な考え方ですが、最近は特に現代的生活の節々に現れる骨や筋肉の異常を治すためにはなくてはならない、と認知している方も多いようです。

また接骨院でも、時代的なものであると認知し、柔道整復術に加えて整体的な手技やカイロ的なアライメントの調整を施すところも増えています。自然治癒の力を最大限に高める、という意味でも注目したい治療法です。