首の寝違え治し方.com » 鍼灸院の施術

鍼灸院の施術

鍼灸院と聞けば、みなさんがイメージするのは、「針を体に刺したり、灸で体をほぐしたり」というところでしょうか。ほぼイメージのままで間違ってはいないのですが、では、具体的に鍼灸院での施術にはどういった人があたっているのでしょうか。

まず、鍼灸について簡単に解説します。鍼灸とは、鍼や灸を用いることで人間の身体に刺激を与えます。その刺激による疾病への治療的な介入や健康増進を目的とした医療技術です。

日本においては、「医師」の免許を持つ者のほか、「はり師」、「きゆう師」の免許を持つ者がこれを行えると定められています。

鍼灸の発祥はB.C.5世紀~A.D.3世紀にかけての中国であるといわれており、その実態は、先に挙げた身体に対する物理的な刺激による治療効果の経験則を数世紀にわたって集積したもので、これらの技術的な情報を元として構築されていった技法が、今日の「鍼灸」です。

そして、その技法を用いて施術を行なっている施術所が、鍼灸院なのです。また、WHO世界保健機関においても、鍼灸院による治療的効果は認められています。

鍼灸院での療法による有効性が認められた病気としては、神経系、運動系、循環系、呼吸器系、消化器系、代謝内分泌系、生殖、泌尿器系、婦人科系、耳鼻咽喉科系、眼科系、小児科、などの疾患が存在します。

鍼灸院と言えば、民間療法というイメージが強く、せいぜい体の調子を整える程度の効果しかないと思われがちですが、実は多種多様な病気への効果が、世界的にも認められているのです。

また、神経痛やリウマチ、頚椎捻挫後遺症、腰痛の症状については、鍼灸院でも健康保険の適用が認められています。また、その知名度が上がったことにより、「はり師」、「きゆう師」の技術を学ぶことが可能な専門学校が、日本国内において、増加傾向にあります。