首の寝違え治し方.com » 腰椎すべり症の看護

腰椎すべり症の看護

腰痛のため整形外科に行くと、最初は看護師によって問診を受け、またレントゲン撮影をします。また、その後医師が診察をする、という場合が多いでしょう。

また、レントゲンだけでは腰椎すべり症などの症状がよくわからない、という場合はCTやMRIといったより詳細な撮影をすることも多いようです。

その後、腰椎すべり症の状態などを確認し、すぐにでも痛みを取り除きたいという場合には鎮痛剤を使用したり湿布で痛みを抑えるようにします。あまりにも痛む、という場合にはすぐにでもブロック注射で局所麻酔をしたり、または極度の痛みの場合には手術をすることもあるでしょう。

腰椎すべり症でも状態によっては入院するケースもあります。そしてその場合看護師の方に色々な症状を報告することが日課になります。

また医師、看護師の他にもマッサージ専門の医師とも比較的長い付き合いになることが多いでしょう。腰椎すべり症の手術をした場合、2週間は入院するケースが多いので、まずは看護師さんとのコミュニケーションをうまくするように心がけることが大事です。

きちんと腰椎すべり症の症状を打ち明けない場合、腰椎すべり症の治療が上手く進まず、場合によっては入院が長引くことにもなりかねません。

マッサージやリハビリを受ける場合も、痛みの有無などについても詳細を相談しながらでなければいい効果は得られません。また特定部位の筋肉が動かない、など、質問をされないことがらでも気付いたらよく相談することが必要です。

腰痛は出てしまったら一生付き合わなければならない、とよく聞きます。それだけなかなか治しずらいものですから、その時の症状がどのような状態か、またどのような運動や療法を受けることで効果があるのか、ということまで理解できるようになるのが理想です。

腰椎すべり症は特に患部の周囲、あるいは体全体の改善から取り組むことが大事です、常にいいブランクを持って医師に診てもらえるのであれば別ですが、仕事などを持っていればなかなかそうはいかないという方は多いでしょう。