首の寝違え治し方.com » 適正回数

適正回数

よくブロック注射は何度でも受けることができる、という言葉を聞きますが、この方法は保存療法の中でも副作用が特に少ない、という意味では間違いではありません。

しかし、そうそう毎日打つのは医師もストップをかけざるを得ません。麻酔が消えれば、自然治癒の力が高まりますので、その間には麻酔剤だけではなく、より自然なリハビリなどを用いたほうが、腰痛や頚椎椎間板ヘルニアの治療には効果的です。

椎間板ヘルニアの場合は、硬膜外ブロックなどのブロックの頻度はおよそ週に1度だといわれています。また圧迫が強いときには、最初のうちはもっと多用することもあります。

神経症状があってもリハビリに努力していた、というときのほうが、何もせずにただ痛みを我慢するだけだった、という場合よりも効果は高くなります。

もちろん痛みが全く引かないという時には、早々に手術を決断することもあります。また同じような状況でも、症状に変化がないという場合には入院でのブロック注射の継続を勧められることもあります。

ではブロック注射はどれくらいの回数を打つのが理想なのでしょう。実際にはブロック注射は1回で痛みが消失するのがもっとも理想の形です。このようなパターンは多くはありませんが、少ないともいえません。痛みが大きくても、状態がとてもマッチしていた、というケースもあり得ます。

ブロック注射は東洋医学の考え方をも網羅した治療法なだけに、回数についての論議はなかなか難しいものがあります。

西洋医学的には、神経根に打つために、神経に異常が起こったり、癒着が起こる場合も考えられます。やはり、ブロック注射にはできるだけ頼らないほうがいい、ということが言えるようです。

神経の伝達を遮断するということ自体、まったく自然な行為ではない、とも言えます。一時的に痛みを抑えるためには効果的である、という整形外科での一般的な考え方は、やはり間違ってはいない、といって問題ないと思います。