首の寝違え治し方.com » 頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアとは

頚椎ヘルニアは、腰椎に次いで発症しやすいヘルニアと言われています。人間の背骨には椎骨が24個も連なって出来ています。

このうち、上のほうから数えて7つまでを頚椎と呼びますが、それぞれの間にある椎間板という組織がヘルニアを起こす症状です。

頚椎は要するに首の骨の根幹となる部分です。つまり、重たい頭を常に支え、動作に連動しなければならず、とてもデリケートな骨であると言えます。

また、椎間板に起こるヘルニアには、2つの種類があります。そのうちの1つは脱出型と呼ばれ、椎間板の周りにある繊維輪、つまりその中にある髄核を保護するための軟骨にヒビが入ってしまい、そのヒビから髄核が飛び出してしまうものです。そしてもう1つは膨隆型と呼ばれます。

この場合は髄核が出ませんが、繊維輪を押し出すような形になり、次第に変形が起こって神経を圧迫するものです。

では、頚椎ヘルニアの原因は何か、と言えば、腰椎に起こる同じ原因もあれば、頚椎独特の原因もあります。

まず、考えられるものは加齢です。椎間板はとても早くから老化が始まり、徐々にその柔らかさを失ってしまうといわれています。老化した椎間板は水分が減り、弾力性が失われます。

このことで運動をしたり、ちょっとぶつかってバランスを崩した場合でもヘルニアを起こしやすくなります。特に40代から発症しやすいのが特徴ですが、最近は骨粗鬆症などと併発するケースも増えています。

また、頚椎ヘルニアの特徴的な症状としては、外傷や打撲などがあります。腰椎でもこれらのことが原因になることもありますが、頚椎よりはかなり少なくなります。

小さな打撲でも徐々に悪化したり、また交通事故でむち打ちになるなどの大きな外傷を負った場合は急性的にヘルニアを発症することも考えられます。むち打ちでは主に筋肉にダメージが起こりますが、このことがヘルニア発症の素因となることが十分に考えれます。