首の寝違え治し方.com » 腰椎椎間板ヘルニアの検査

腰椎椎間板ヘルニアの検査

腰椎椎間板ヘルニアが疑われるような症状があっても、整形外科や脳外科などのある病院で検査を受けるまでは確定した結果を出すことはできません。

病院では問診によって、腰椎椎間板ヘルニアの自覚症状や兆候の確認をすることも大切ですが、確定診断のためには理学的な検査や画像による確認が欠かせない要素となります。

理学検査では主に腰部の目視確認や感覚、SLRなどの動作、筋力など多角的な検査を行って、腰椎椎間板ヘルニアに特徴的な症状があることを確認したり、腰椎椎間板ヘルニアのほかに病気にかかっていないかなどをチェックします。また、レントゲンやMRIなども腰椎椎間板ヘルニアの確定診断に不可欠です。

画像検査では通常、まずレントゲンを撮ります。腰椎椎間板ヘルニアではヘルニアそのものはレントゲンには写りませんが、脊椎の骨性変化を見たり椎間板自体のサイズを確認することができます。

MRIは腰椎椎間板ヘルニアの診断に極めて有用と言われています。その利点としては、侵襲性がほぼ無いこと、ヘルニアの圧迫の様子までが鮮明に写し出され、把握できることなどですが、解像度がCTに比べて劣ること、激痛があってじっとしていられない場合には撮影ができないという欠点もあります。

CTはミエログラフィーやディスコグラフィーと合わせて撮影されることが多く、撮影時間が短く済むためMRIの撮影時間を減らしながら両者の結果をうまく照合して結果を導き出す方法も多く用いられています。

ミエログラフィーは硬膜内に造影剤を注入してその形状で神経の圧迫の程度を見る方法です。MRIが普及する前は多用されていましたが、注射や薬剤投与が必要で、侵襲性が高い方法のため、現在では手術をする際のチェックとしての用途に限られている場合が多いようです。

ディスコグラフィーは痛みが伴うほど侵襲性が高く、ほぼ使用されていませんが、ヘルニアのタイプによっては有用になります。種類によってはペースメーカーを持っている方やその他にも持病によっては受けられないという場合もありますので、問診時は間違わずに答えることが大切です。