首の寝違え治し方.com » 改善と予防について

寝違えの改善と予防

寝違えになった際には正しい対処法を行うことも大事ですが、ならずに済むならその方が良いです。特に症状をよく起こすという人は、予防も治すための対処法のひとつと言えます。

ではそのような状況を防ぐためにはどのようにすればいいのでしょうか。この症状は、眠る際の姿勢が不自然になると起こるものです。なので、眠っている間の姿勢が不自然にならないように対処しましょう。

よくこのような症状になってしまうという人の中に、うつぶせで寝る癖があるという方が結構います。うつ伏せになると仰向けの時に比べて体勢を変えにくいですし、顔まで枕に埋めていたら寝にくいため、左右どちらかを向いて寝ることになります。

そうしますと首の片側だけに大きな負荷がかかり、首を痛めてしまうのです。このようなことを防ぐために、うつ伏せで寝ている人は、仰向けで寝るよう習慣を変えましょう。

仰向けだとなんだか落ち着かない、という場合には、抱き枕などを抱えているとうつ伏せと少し似た圧迫感がありますので、寝やすくなるかと思います。

また、できればベッドよりも布団を利用する方が寝ている間の姿勢は整いやすいです。ベッドは身体が沈んでしまい、負担が一か所に集中しやすいのです。また、身体が沈んでしまうということは、寝返りが打ちにくいということでもあります。

寝返りは眠っている間に起こる自然な現象。これができないとやはり身体に負担がかかり、首の痛みに繋がってしまいます。

寝具と言えば、枕も重要です。枕の高さが合わないと、それが原因になることもあります。最近では完全オーダーメイドの枕というものもあります。これは自分の身体にぴったりと合った枕を作ってくれるので、首への負担をかなり和らげることができます。

このように、痛みを発症する前に対処できる方法もいくつかあります。寝具はなかなかお値段が張るのですぐには難しいかもしれませんが、枕はタオルなどで調整する方法もあります。しっかりと対処するようにすれば、朝起きて痛いということも大分減ると思います。