首の寝違え治し方.com » 間取りについて

間取りについて

間取りは、簡単なようで難しいものです。間取りを全く考えないリフォームというのはありえません。

基本的にはこれを説明する図は上から見たものです。そして、平面で書かれていることがほとんどです。これを見れば、どのような部屋なのかをイメージすることができます。

そして、部屋のサイズなども確認することができます。しかし、平面図はやはり平面図であり、すべてのものが表現されているわけではないのです。

私たちの日常は三次元なのです。平面図は二次元です。この部分にすごく違いがあるわけです。

ですから、平面図で考えたリフォームプランで理想が実現したと思っていると、当然どこかで狂いが生じてきますので、注意してください。

できれば、コンピューターグラフィックを使い、三次元で表現してもらったものを参考にしましょう。そうすればさらにイメージがしやすくなります。

コンピューターグラフィックでしたら、作成した図に直接、人や家具ものなどを置くことができるでしょう。それはあくまでもバーチャルなものです。

しかしながら、その空間をイメージでき、はっきりと実現できることを確認したら、リフォームは成功したも同然です。

間取りで注意すべきところがもう一つあります。リフォームにかなりの自由度があるといえども、すべてが実現可能というわけではありません。

大幅な変更を行うために、コンクリートを壊したり、水周りを正反対の方向に移動するなど、それが可能だとしてもかなりの金額がかかるとしたら、それは現実的だとはいえません。

ですから、実現可能なリフォームを検討する必要があります。新築や注文住宅ではありませんので、全く自由自在に間取りを変えることは不可能です。

しかしながら、最善のプランを選んでいくことが満足度の高いリフォームになるということなのです。