首の寝違え治し方.com » 頚椎椎間板ヘルニアの効果

頚椎椎間板ヘルニアの効果

頚椎椎間板ヘルニアの症状に対する保存療法の中で、特に有用だとされる治療法がブロック注射によるものです。

薬物療法や温熱療法などを施しても中々頚椎椎間板ヘルニアの症状が改善せず、激しい痛みが生じている場合には、このブロック注射を行い、神経やその周囲に局所麻酔薬を作用させることで、痛みを遮断することが出来、高い鎮痛効果が得られます。

場合によっては、抗炎症剤が用いられることもあります。ブロック注射として通常の注射より処置時に強い痛みはありますが、処置後は7~8割の人が症状の緩和を実感すると言われる方法です。

ただし、その際に注意しなければならないのは、あくまで麻酔薬により一時的に神経を麻痺させている状態なので、病気の根本的な治療ではありません。

当然麻酔薬が持続する時間に制限があるので、その時間を経過するとまた痛みが生じ始めることも十分に考えられます。しかし、その鎮痛効果には高い作用がありますので、とにかく痛みがつらいと言った場合には優れていると言えます。

場合によっては、ブロック注射で痛みを軽減させ、リハビリによる運動療法をすることもあります。また、人によっては出方には個人差がありますので1度行って効いた効かないという判断をするのではなく、継続して治療をすることで症状が良くなってくることもあることから、医師と試行回数やそのスパンをよく相談して決めるのが良いでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアという病気について良く用いられるブロック注射は硬膜外ブロック注射と神経根ブロック注射の2種類があります。

その治療の流れとしては硬膜外ブロック注射を行い、その効果が期待値よりも下回ってしまった場合に次に神経根ブロック注射を行うといったようになっています。

ブロック注射に頼らずに頚椎ヘルニアを完治させる方法はこちら