首の寝違え治し方.com » 腰痛体操について

腰痛体操について

腰痛の予防や解消に効果の高いといわれる体操法が多くありますが、腰を前かがみにする機会が多い方が腰痛になった場合に効果のある方法として、オットセイ体操が上げられます。

特に寒い時期に冷えた場所でデスクワークをしたりして筋肉が硬くなってしまい、腰を痛めてしまった場合にはお勧めです。オットセイ体操は文字通りに、オットセイのような格好になることで効果を発揮します。

固めの布団などにうつぶせになって、両手を使って布団を突っぱねるような姿勢をとり、このオットセイにそっくりな形を、10秒程度継続します。その後、腕を前に出して、ちょうど土下座のような姿勢で上体を丸め、10秒ほど維持します。

テレビでも多く取り上げられたことがある体操法ですが、背筋を鍛える効果があり、また、背筋に対してある刺激を与え、そのことが背骨を守るという使命を、背筋に対して呼び覚ます効果もあるそうです。

オットセイ体操は整体院などでも広く取り入れらている体操法です。力のある方であれば、10秒~20秒程度維持させればより効果が上がります。筋肉をほぐすと同時に、関節や筋肉等を包んでいる膜、靭帯などの癒着がとれるという効果もあります。

また、普段しない姿勢である反らす姿勢を意識的に維持させることで、腰の部位の稼動範囲が広まって、腰痛になりにくい腰、痛みが少ない腰を作ることもできます。

オットセイ体操は反ることを比較的過度に用いる体操法ですので、急性期の痛みがある場合は特に、禁忌となります。またもちろん医師から反らないように指示されている場合も同様です。

この反ることを基本にした体操法として、有名なマッケンジー法がありますが、こちらも慢性期で痛みが少ない場合に効果を発揮する体操法です。痛みがなくても、決して無理をしないようにすることが大切です。

特に最初のうちは、反ることには長期間慣れていないというケースが多いため、角度を徐々に調整していって大きくしていくことが求められます。