首の寝違え治し方.com » 脊柱管狭窄症の手術後

脊柱管狭窄症の手術後

最近、中高年の方に多くみられる腰痛の中で、特に増えてきている脊柱管狭窄症という病気ですが、その治療法はたくさんあるようです。まずは、保存療法といって、運動をしたり、器具や神経ブロック、薬物投与を行っていく方法。

ですが、それらの保存療法を行っても効果があまりあらわれなかった場合や、脊柱管狭窄症の悪化によって日常生活が困難となってきた場合などに、手術をすることもあります。

脊柱管狭窄症の治療で行われる手術には除圧術といって、圧迫している部分を取り除く方法と、脊椎固定術といって、主にずれている脊椎を、人工の骨や自分の骨、金属などを使って固定する方法があります。

以前は、切開をして行う方法が主流だったようですが、最近では、患者への負担がより少なくなるように、内視鏡による手法が取り入れられているようです。内視鏡で行うことにより、入院期間や費用の面でも負担はかなり軽減されます。

脊柱管狭窄症の手術を行ったあと、術後は何日か安静にしたのち、リハビリを行わなければなりません。固定術の場合は、コルセットの装着もしばらくしなければなりません。

いずれにしてもだいたいの方が脊柱管狭窄症で苦しんでいた痛みもなくなり、ほぼ完治となられるようです。ですが、部位をきちんと特定するのが難しい場合などは、脊柱管狭窄症の全てを手術で取り除けない時もあります。

そうなってくると、痛みは取れたとしても痺れは取れないなどのこともあるようです。その場合は、運動療法や薬物療法などの保存療法を行うことになる時もあります。

更には、脊柱管狭窄症の手術自体は無事成功したとしても、他にヘルニアなどの不良箇所があった場合もあるようです。そうなると、今度はその部位にたいする治療をしなければなりません。しかし、最初に言ったように、脊柱管狭窄症の治療方法はたくさんあります。

いくつか併用したり、組み合わせていくことにより、脊柱管狭窄症を完治へと近づいていくことが出来るようになるのです。ですから、きちんと自分の症状をまずは診断してもらい、的確な判断と治療をしてくれるような病院や医師を選ぶことが最も大切です。

脊柱管狭窄症になったからと言って諦めず、最後まで治療を続けることが大切です。